転職

MRから他業種、他業界への転職について考えてみる

2018年〜2019年と早期退職が相次ぐ製薬業界。 特に各社営業人員としてMRの人数削減が始まっています。 自分も含め、仕事を失うことなく働き続けるにはどうしたらいいのか? MRとして働き続けることは可能なのか? ちょっと答えを出すまでには至らないですが、一つの意見として読んでいただければ幸いです。

【MRの求人の探し方】転職のきっかけとタイミング

前職後輩とは同じ病院を担当しているのでよく話すのですが、 なんとなく今の不安な情勢から、転職を考えているが活動を始められないとの相談。 こういった悩みというか、不安感を抱えている人は多いかもしれません。 そんなことをきっかけとして、転職のタイミングを自分の例を書いてみたいと思います。

バイオベンチャーへ転職の不安について【生産性を見よう】

早期退職が相次ぐ製薬業界。 明日も我が身…ということもあり、ケースケはいわゆるバイオベンチャーに転職しました。 この選択が絶対正しいと言うわけではありませんが、 一番の不安が「いきなり買収されて会社無くなったりしない?」ということかと。 今回はこの辺り書いて行こうと思います。

【MRのキャリア】若手MRの転職について考えてみる

仕事し始めて数年、現在の会社に対する不満とかもポツポツと出始めて、 「転職しようかな〜」とか考え出す時期かもしれません。 転職をすることで、自分のやりたい領域が経験ができて、 新たなキャリアが形成できることもあります。 まだ若くて経験も浅いから…と考えるのはもったいなくて、 その若さを武器にして、今のうちから自分自身のキャリアを考えてみましょう。