MRお役立ち情報

1/4ページ

MRを削減し、全てMA,MSLに変えていくべきなのか?

MSLの方による情報提供は効果的な事が多いです。 特に最新の学会情報、背景知識を生かしたいわゆる「マニアック」な話題など、 医師が興味を持っていただける事が多いです。 昨今の状況でオンライン面会が加速し、面会を依頼することも比較的容易になりました。 この職種の方々とは積極的に協力体制を築いていくべきだと思います。

紙の手帳(アナログ)から完全デジタルへの移行方法

今回は手帳関連第二弾。以前手帳の話題として、「紙がいいのか、デジタルがいいのか」を書きました。 2年前公開した時点での自分の考えとしてはアナログ派(紙派)。 理由はまだまだアプリが未成熟、直接書き込める利便性、1ページの視認性などでした。 実は今改めて完全デジタルへの移行を進めていて、今日その過程について触れてみます。

高い評価は遠慮せず取りに行く-自分の活動棚卸しをしよう-

そろそろ年末に向けて、一年の振り返りの時期ですね。 多くの企業は、一年の活動を評価する「評価会議」があると思いますが、 より高い評価を得るために行っておいた方が良いことを少し書き出してみます。 私見ですが、「遠慮せず高い評価を取りに行く」のは悪いことではないと思ってます。

MRの「営業」としての心得を考えてみる-思考停止族にならないために-

MRという仕事は営業マンです。 もちろん細かな違いはありますが、皆さんの名刺にも「営業」の文字が入っていると思います。 営業と自社品の普及という葛藤のような部分を、少し記事にしてみようと思います。 キーワードは、「思考停止族にならない」です。

どのように、誰にアウトプットする?【アウトプット大全】

アウトプットは大事!とよく言われるものの、する機会がないと言う方もいると思います。 確かに人に話すことで記憶は定着しますし、学んだことを実務で活かすには重要です。 「でも人に話すって言われても…誰に?」という方。 「不特定多数の方に向けて発信」してみてはいかがでしょうか?

営業研修のロープレは意味がないのか?新しいやり方を考える

研修などでロープレをやることありませんか? MR役、医師役等に別れて、自社品のパンフレット紹介する練習をする。 営業的には必要な業務なのですが、どうも苦手…という人は多いですよね。 何か新しいやり方はないか?今回はロープレのやり方について書いていきます。

後輩に対する指導の心構えを考えてみる

今の会社は新卒採用がなく、中途のみで構成されているため、 若手メンバーをきちんと指導する、という機会に正直乏しいです。 また各々広域を担当しているため、下手すれば1ヶ月に1回しか会わないメンバーもいます。 仕事面のアドバイス(特に若手に対して)はどのように行えば良いのか、考えてみます。

1 4